おにぎり家の教育🍙

「元教師」のママと「現役教師」のパパが、教育について熱く語ります♪

【悲報】自分や家族の生活を自分で守る時代が来たぞ

 

図解 モチベーション大百科

図解 モチベーション大百科

 

 

ママさんが公務員ではなくなったため

今日から、ブログによる収益化を目指します(*^^*)

 

Googleあどせんす?

 

楽天あふぃりえいと?

 

全く分かりませんが、今から勉強します(笑)

f:id:onigirimama5856:20180901182005p:plain

 

 

正直に言って、お金儲けにそれほど価値を置いているわけではありません。

 

目的は、ゲーミフィケーションです。

 

収益化を目指すと書く意欲も湧いてくるかなー?っと考えてのことです(;^ω^)

 

今まで、「学校教育論」に関するブログは多数存在していましたが

「教師のための生き方に関するブログ」

については、あまり見かけませんでした。

 

それってたぶん

「公務員はブログ収益が禁止されているため、教師が学校教育以外のことを発信する価値が見出されにくかった」

からだと思うんです。

 

昨今、教師の労働環境の悪化や多忙化、それに伴う精神疾患が問題視されています。

 

先日、文科省が10時間労働を肯定する「変形労働時間制」を導入するというニュースが話題になりました。

 

mainichi.jp

 

子育て世代の、子育てとの両立が危ぶまれています。

 

「終身雇用制度」という世界的に類まれな制度だって、いつまで続くか分かりません。

 

年功序列の昇給」は、望めないでしょうね。少なくとも60歳で頭打ちとなり、そこから5年から10年は、低い賃金の横ばいが確実でしょう。

 

「国民の平均的な給料」は、これからも本当に確保されるでしょうか?高齢化に伴い、税金はどんどん足りなくなるでしょう。

 

発展途上国バングラデシュ)の教員は給料が低く、常に別の仕事を探していたなぁ。当然モチベーションは低下し、いつも授業より自分の生活の心配をしていたなぁ。

 

 

そう

自分や家族の生活を、自分で守らなければならない時代が来たんです!

 教員も、例外ではなくなってきたのです。

 

我が家は「現役教員」と「元教員」の夫婦です。

教員の生活事情を知り尽くしています。

情報発信する意欲もあります。

 

これからの時代に合った、教師の生き方の提案をする。

 

これが、🍙家の「解決したい課題」です。

 

夫婦の片方がフリーランスのメリットを最大限に生かして、教師の生き方について情報発信していきます♪

 

 

と、パパが言っていたわ。